スマトラ島で巨大なニシキヘビに噛まれた男性が腕を切断する寸前となったが、同僚らに助けられ、しかも退治したニシキヘビを地元の人々と分け合って食べてしまったというビックリニュースが報道されました。男性はパーム農園を巡回中に路上で、なんと7メートル以上のヘビと遭遇。ヘビが好物の男性は巨大ヘビを捕まえようとしましたが、ヘビに噛まれて重傷を負います。そこへ地元住民数人が駆けつけ、木で殴ってヘビを退治したと言います。男性は近くの町の病院へ搬送され、命に別条はないとのことです。ちなみに、退治されたヘビは村内でさらし者にされた後、フライにして村中で味わったそうです。何だかちょっとした漫画にありそうな出来事ですが、こんなことが現実に起こるんですね。ヘビには気の毒ですが、久しぶりに笑ってしまうようなニュースでした。きな臭い雰囲気が立ち込めるからこそ、こういう下らないニュースをもっと報道してもらってもいいような気がします。まあ、不謹慎だとのたまう人がいるので、無理だとは思いますが。http://www.presto-tek.biz/