身が通勤で取り扱う線では、複数のターミナルで1時代以外前から大掛かりな工事をおこなっているようです。

その中でも、身が普段着乗り降りするターミナルでは、地上改札だったものを地中改札に講じる、大掛かりな工事が行われてきました。

大変前から、白い仮障害のターミナルで、何時通っても工事をしていました。

今までは地上改札で出口は1つのみでした。

その為、往きまたは帰りのどちらかは
、線路の上にを通り過ぎる橋を過ぎ去る必要がある結果、歩みを上って降りての業務がありました。

バリアフリーの機材が出口手前のスロープしか薄い弱い結果、車椅子やお爺さん、健康が支障なクライアントなどはどうしてもつぎ込み辛いターミナルだったと思います。

車椅子のクライアントにとっては、歩みに設置されているオートマチックのマシーンに車椅子を乗せ、歩みの立ち下りをしなければなりませんでした。

しかし、今回の工事の後半、今までなかったエレベーターとエスカレーターができたことにより、車椅子やお爺さん、健康が支障なクライアントにとって、まったく都合のよいターミナルに生まれ変わりました。

また、地中改札にしたことで、ルートの領域が今までの地上改札と比べて、倍以上になり、改札の総締めも増えました。

そのため、昼前や夕暮れの通勤ラッシュ時刻のにぎわいが軽減されるのではないかと思いました。

まとまり、実に使いやすいターミナルになりました。